柔軟審査|借りれるキャッシングはこちら

審査が甘いけど、安全なサラ金というものは存在します。
探し方というのは、とても簡単で、普通に営業許可を得て営業をしている消費者金融に申し込みをするということだけです。

 

ただし、2点だけ注意しなければなりません。

 

1.大手の消費者金融を避ける
2.ヤミ金業者を避ける

 

この2点だけです。

 

 

まず、大手の消費者金融というのは、基本的にどこも審査の基準というものは変わりません。
少し、アドバイスをするというのなら、年度末や月末の場合は、審査に通りやすいということもあります。
これは、どこの営業所でも、「ノルマ」というものが発生するために、
決算日や締め日の直前になると、多少基準に達していなくても、
審査に通るということになります。

 

2番のヤミ金業者を避けるということに関しては、何も書くことはないでしょう。
ヤミ金業者を利用して、上手くいくことの方が少ないです。

 

それでは、大手の消費者金融でもヤミ金業者でも無いとなると、
どのような消費者金になるかというと、「中小の消費者金融」です。

 

現在日本には100社を超える消費者金融が存在しますが、
一般的に知られている消費者金融は10社にも満たないです
そのため、90社以上の消費者金融は中小の消費者金融となります。
これらの探し方としては、タウンページやインターネットで検索をすると、
すぐに見つけることが出来ます。
そこに申し込みをすると、審査は甘くなっているけど、
普通の消費者金融からお金を借りることが出来ます。

 

 

『審査がゆるいとは?甘い審査の消費者金融の仕組み』

 

消費者金融の中にも、審査が厳しいところと審査が緩いところの2つがあります。
審査が緩い消費者金融の特徴としては、2つのパターンが存在します。

 

1.当月の貸し出しノルマに達していない消費者金融
2.宣伝などに費用を掛けないために、顧客数が足らない消費者金融

 

以上の2点となります。

 

1番に関しては、月末などによく起こりうるケースとなっていて、
これは、大手の消費者金融に多いことですが、消費者金融というのは、
どこの営業所にも、「ノルマ」というものが課せられます。

 

これは、「何人以上の新規客」であったり、「いくら以上の貸し出し」といったノルマになります。
このノルマに達していない営業所に関しては何らかのペナルティが課せられるので、
月末ぐらいになると、多少審査が緩くなるという傾向にあります。

 

次に、2番のケースに関してですが、これは中小の消費者金融に多いパターンです。
中傷の消費者金融はテレビCMなどで大々的に宣伝することが出来ません。
これは宣伝費などに費用を掛けることが出来ないためです。
そのため、いつでも顧客不足に悩まされています。
一般的に、100人の利用者がいれば90人以上は大手の消費者金融を選びます。
これは、大手の方が中小の消費者金融よりも安心できるという理由ですが、
実際には、中小の消費者金融も大手の消費者金融も大差ありません。
むしろ、中小の消費者金融はデメリット部分も多いですが、
審査という1点だけを見れば、緩く設定されていることが多いです。

 

このように、消費者金融が利用者を欲している状態になると、
審査が緩くなる傾向にあります。

 

だからといって、審査が緩い所はヤミ金というわけではありませんよ。

 

銀行でお金借りれる?審査は必ずしも厳しくない

 

世間的なイメージとして、消費者金融、特に大手チェーンではない、街の中小の消費者金融は審査が柔軟で、三菱東京UFJや三井住友といった大手銀行は審査が厳しいというイメージを持っていませんか?

 

たしかに事業主や株式会社にとっては、設立が浅いと銀行口座さえ作らせてくれないという場合もあります。
しかし、個人にとっては、借り入れは思っているほどハードルの高いものではありません。
いわゆる銀行融資は金利数%で借入時の負担は少ないですが、審査に時間がかかるというデメリットもあります。

 

それに比べて最近人気のものは銀行カードローンというもので、従来銀行の融資とは違う、いわば銀行が行うキャッシングのようなものです。こちらは、口座を持っていない人でも申込ができますし、審査は最短で30分程度で完了するため、即日での融資も可能で非常に人気です。

 

銀行でお金借りるならどこがいい?
こちらのサイトでは特に主婦やアルバイトの人でも借りれる大手銀行カードローンを集めてみました。
融資のスピードだけに注目しがちですが、金利や貸出条件、などが各社違っていますので、比較検討の材料にしてもらえれば幸いです。